住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

バリアフリーリフォームをするにあたって

日本は現在、世界一の長寿国です。2025年には4人に1人が高齢者になると厚生省で予想されており、高齢化問題は日本での重要な課題となっています。

 

住宅においても高齢化に伴い、その在り方が変わりつつあります。高齢者の方や体に障害のある方も不自由なく暮らせるように配慮した住宅のことを「バリアフリー住宅(又は長寿社会対応住宅)」といいます。

 

バリアフリーとは、障害を取り除くという意味で、高齢の方や障害のある方が生活する上で支障になるものを取り除くことを指します。また、加齢や疾患などで身体機能が衰えても家族と共に暮らせることは精神的な支えにもなりますし経済的にも重要なことです。バリアフリーは物理的な支えはもちろんのこと、精神的なものも含まれるのです。

 

若いときや健康な時には気がつかないちょっとした段差や階段などで高齢の方や身体に障害のある方は、つまずいたり転倒したりして怪我の原因になりかねないのです。例えば玄関。家に出入りするときに段差があると車椅子の方は誰かの手助けが必要になりますし、小さな子供や高齢の方もつまずく危険があります。

 

バリアフリー住宅では段差をなくし、スロープをつけます。急なスロープしかつけることができない場合は手すりをつけます。また、寝室や食事する場所、トイレや浴室など日常生活において必ず利用する場は行き来しやすくする、その行き来する通路の段差は原則として無しにしたり、階段も勾配をゆるくし手すりをつけたり車椅子が通れる幅は確保するなど様々なバリアフリーが設置されています。

 

高齢者や障害者の方が住みやすい家は誰もが住みやすい家です。住宅の構造に関わる部分は後から改造することが難しくなってきますし、今は健康でも長年住む家ですので数十年後を見通して基本的な部分は新築時にぜひ実践されるとよいでしょう。

 

バリアフリー住宅の必要性は住宅取得を考えておられる方の約7割が必要と答えており、かなり関心が高いです。おそらく今後、バリアフリー住宅が標準仕様になっていくでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市