大人からでも遅くない?歯並びの矯正方法

ワイヤー矯正だけではない!歯列矯正の効果やその治療法

大人になってから矯正するメリットとデメリット

一般的に、歯列矯正治療といわれて何を思い浮かべられるでしょうか?
おそらく、歯に金属製のブラケットを装着してワイヤー固定する治療を思い浮かべられる方がほとんどだと思います。
実際、子供の矯正治療のほとんどはこの方法なので、クラスメイトの数人がこういった器具をつけていたとう思い出がある方が多いのではないでしょうか。そして、それを見て、自分はあんな器具をつけるのは嫌だ、と感じる方も多かったのではないかと思われます。
この矯正器具をつけていると、歯磨きをするのが少し難しく、虫歯になる可能性も高いことからも矯正を敬遠する親御さんもおられます。
歯科医の方で、矯正器具をつけている時の歯磨きの仕方は指導されますが、実際その通りに出来る子供がどれだけいるのでしょうか?
特に虫歯になりやすいといわれているお子さんの場合は、歯科医の方でも積極的には矯正治療を勧めないと思います。
実際、歯列矯正は、まだ大人の歯が生えそろっていない子供のうちから始めた方が、大人になってからよりかは治療期間も短くて済むこともあるので勧められる場合が多いようです。
部活動が本格的になる中学生になってから歯列矯正治療を始めるよりかは、小学生のうちから始めた方が、学校生活にも支障をきたしにくいのではないかと思います。
しかし乳歯の虫歯があまり多いようだと、そういったブラケットを装着するのは勧めない歯科医も多く、そういった子供は、永久歯が生えそろう時期から矯正治療を始めることが多いといわれています。