ワイヤー矯正だけではない!歯列矯正の効果やその治療法

一番多い歯列矯正治療の方法

大人になってから矯正治療をするメリット

大人になってから歯列矯正を考える方は、見た目のコンプレックスを持っておられる方が多いのではないでしょうか。
親御さんが、そういった歯並びなどの見た目に関心がある方なら治療をしてもらえることもあるかもしれませんが、中学生からは親御さんの関心は主に受験や進学などの教育費に向けられることが多いので、矯正治療までかけられないと考える親御さんも多いのではないかと思います。
しかし社会人になり、月々のお給料の額も多くなれば自分で矯正治療費を支払えるようになり、もう親の許可を得る必要はなく治療が受けられます。
そうして矯正治療を行うことにより、長年のコンプレックスから解放されるということは、大きなメリットではないかと思います。
そして人前で堂々と笑顔になることが出来、仕事の幅も広がるということもメリットの一つだと思います。

大人の矯正治療のデメリット

学生のうちに矯正治療をしていても、治療をしていく過程での痛みはあると思いますが、成長過程での子供の歯の矯正と、もうしっかりと成長している大人の歯の矯正、どちらが負担がかかるかといえば、やはり大人の方が負担はかかります。
治療法にもよりますが、歯に異物をつけて生活するのですから、不快感もあるのではないでしょうか。しかも社会人であれば仕事もしているので、治療中の状態が仕事に支障をきたすこともあるかもしれません。
そして矯正器具をつけていると、どうしても歯磨きが行き届かなくなるところもあるでしょう。若いうちならまだ虫歯だけで済むかもしれませんが、年を重ねるにつれて歯茎は弱ってくるので、大人になってからの矯正は、虫歯はもちろん歯周病にもなりやすいといわれています。
取り外し可能な矯正器具もありますので、歯科医とよく相談して自分に合った矯正治療をしていくと良いのではないかと思います。


この記事をシェアする